FC2ブログ
※ブログ移転しました!→http://cartoonworld2.blog.fc2.com/
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング参加中です。一日一クリックずつ押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ
人気性教育コミック最新刊!
「ないしょのつぼみ」第5巻の感想です。
ないしょのつぼみ5巻1
今年でないつぼも5周年!
第5シリーズのつぼみは何と史上初の二人です!
ないしょのつぼみ5巻2
今回の不思議エピソードは「パラレルワールド」。
ベッドの梯子から飛び降りる事でお互いの世界を行き来出来るようになってしまいます。

パラレルワールドとは「並行世界」などとも呼ばれる、今ある世界とは別に存在する世界の事。
「異世界」とは違い、現行世界と全く同じだったり非常に似ていたりする部分があるのです。
例えばお互いの世界に同一人物が居たり、同じ街があったりします。

外見は全く同じな二人のつぼみ。
どちらがどちらの世界のつぼみなのか区別する為に、花型のヘアゴムと星型のヘアゴムを付けて分けます。
ないしょのつぼみ5巻3
こちらの世界のつぼみが花型、あちらの世界のつぼみが星型です。
同じ外見、同じ考え方を持つ“もう一人のつぼみ”と仲良くなって行く“つぼみ”ですが、少しずつそれぞれの世界が違うという事を知って行きます。
例えば身体測定の結果。
ないしょのつぼみ5巻4
“つぼみ”が0.2kg体重軽かったり、“もう一人のつぼみ”が5mm胸が大きかったりします。
本人達だけでなく、街並みも少し違う模様。
どうやら時間の流れが少しだけ異なってるようです。

今回の男子キャラは主に二人。
ないしょのつぼみ5巻5
つぼみの幼馴染みのちょっと意地悪な少年・ちはると、小説家の父親のファンの美少年・筒井です。
そしてもちろんパラレルワールドにももう一人のちはると筒井が居ます。
違う所は“もう一人のつぼみ”との関係性です。
この違いが“つぼみ”に大きく影響を与える事になります。

さて、性教育漫画としてやはり一番重要なのはつぼみの性徴・性差ですよね♪
ないしょのつぼみ5巻6
友達の菜摘はつぼみの身体の変化にいち早く気付いたようです(^^;
でもそれを指摘するのはちょっと恥ずかしい模様。
本人はまだまだ子供で、お風呂もお父さんと一緒に入ってるようです。
ないしょのつぼみ5巻7
という訳で好例のお風呂シーン
エロい目で見てはいけませんよ?(←お前がな!)
お風呂上りにパジャマを着てようやく菜摘が何を言いたかったのか分かったつぼみ。
ないしょのつぼみ5巻8
乳首が浮いてます
胸が膨らんで来たんですね?♪
ないしょのつぼみ5巻9
早速“もう一人のつぼみ”に報告に行くと、やはり向こうも胸が膨らんでいました。
そうと分かれば次にやる事は一つ!
ブラジャー初体験です♪
「一人で買いに行くのは恥ずかしい」「誰かと行くのはもっと恥ずかしい」という事で、二人で一緒に買いに行くつぼみ達です。
ないしょのつぼみ5巻10
“つぼみ”はピンク、“もう一人のつぼみ”は水色のブラを試着します♪
ちなみに自分の世界の物を別の世界に持って行くのは危険なので、こちらで買ったのは“つぼみ”のみです。

次にやって来たのは初経!
ないしょのつぼみ5巻11
トイレの後に拭いたら血が付いてて、慌てて“もう一人のつぼみ”に相談に行きます。
すると向こうは10日前に既に初経を済ませていたとの事。
“もう一人のつぼみ”が“つぼみ”にナプキンの買い方を教えます。
身体の変化も心の変化も徐々にズレて来てる事を認識するつぼみ達です。

サブキャラも魅力的なないつぼ。
今回のつぼみは母親を亡くしていて父子家庭ですが、お父さんの前に新しい女性が登場します。
父の書く小説の担当をする炉端さんです。
美人で面白くてつぼみの憧れの人ですが、その炉端さんも連れて家族温泉に行く事になります。
炉端さんと一緒に温泉入る事になり、大人の女性の身体に興味津々のつぼみ♪
「女の人も、け・・・毛が生えるの・・・!?」
初めて見たつぼみは大声で炉端さんに訊ねます(^^;
ないしょのつぼみ5巻12
女にもアソコに毛が生える事を知ったつぼみはちょっとだけ、ソコを見られる事の恥ずかしさを知ったようです♪

つぼみの友達の一人・小松咲妃は、ないつぼ初の“二次元萌え”少女w
漫画大好きで、最近はもっぱら女装少年にハマってるようです(^^;
ないしょのつぼみ5巻13
まぁこの作品の作者も「少女少年」というもろ女装少年モノ描いてたので、こういう女子が居ても何ら違和感はありませんがねw
そんな時、クラスに女の子っぽい男子が居る事に気付く咲妃。
二次元を飛び越えて三次元萌えに目覚めそうになりますが、やはり現実は現実で俗っぽいもの(^^;
「現実の恋より、架空の“萌え”!」と今後も二次元萌えを貫くようです。
ないしょのつぼみ5巻14
意外に多いというか・・・、このコミックスを買ってる大きいお友達は大概そうだと思いますw

つぼみの友達の菜摘ですが、実は偶然にもつぼみ達と同じ日に同じ温泉に行ってました。
そこでたまたま炉端さんと知り合います。
どうやら菜摘は背が小さい事、胸が小さい事など身体の成長が遅れてる事に悩んでる模様。
胸が大きい炉端さんに相談に乗って貰ってると、成長が早い子は早い子で色々と苦労があった事を教わります。
菜摘は実は筒井の事が好きなのですが、筒井がつぼみを好きな事にも気付いています。
菜摘はつぼみにヤキモチを焼いており、身体や性格などを比べて劣等感を持っているようです。
それに対し炉端さんは菜摘はつぼみに憧れてるのだと教えてあげます。
ないしょのつぼみ5巻15
何気に乳首見えてるけど気にしないでね
菜摘の自分を冷静に客観的に見れる事を長所とし、つぼみにはつぼみの、菜摘には菜摘の魅力があると教えます。
短所を嘆くより長所を伸ばした方が良いと教えて貰う菜摘です。
実は炉端さんは昔つぼみパパに告白して振られるも、再び告白したらOKを貰えた模様。
好きな人に対しても諦めずにチャンスを待つよう教えられる菜摘でした。

身体だけでなく心の変化も描くないつぼ。
以前は仲良かったのに最近は意地悪をしてくるちはると喧嘩してばかりのつぼみですが、自分の不注意でちはるの図工の工作を壊してしまいます。
炉端さんにアドバイスを貰い電話で謝るつぼみですが、ちはるはちゃんとつぼみを理解して怒っていませんでした。
ないしょのつぼみ5巻16
ちはるの優しさを切っ掛けに想いが膨らんでいくつぼみです。
しかしそれに対し“もう一人のつぼみ”は筒井の方と親しくなっていた模様。
お互いの世界で好きな人とのエピソードにハッキリと違いが現れます。
自分はちはるが好きなのに、“もう一人のつぼみ”は筒井が好きという事に戸惑いを隠せない“つぼみ”・・・。
ないしょのつぼみ5巻17
思わず“もう一人のつぼみ”に反発してしまいます。
同じ姿をしていても自分とは別の考え方を持っているという、“もう一人のつぼみ”が自分とは別人である事に気付いて心が揺らいでしまったようです。
“もう一人のつぼみ”は一緒に図書館に行って筒井と仲良くなったようですが、“つぼみ”にもその機会が訪れます。
違いは他にちはる達も連れて行った事。
図書館で筒井と会話をする“つぼみ”ですが、意識して深く関わるのを避けます。
自分もいずれ筒井を好きになってしまうのではと不安になる“つぼみ”ですが、思い出の本を切っ掛けにちはると会話した事でよりちはるの事を好きになったようです。
ないしょのつぼみ5巻18
未来がどうなるのかは分からないけど、自分の未来は自分で作る物だと気付いた“つぼみ”。
“もう一人のつぼみ”との違いを認め、お互いが別々の存在であると理解したようです。

物語はクライマックスへ!
3人でのクリスマス会を張り切る炉端さんに「それってやっぱ、パパのため!?」と冗談で訊ねる“つぼみ”。
しかし本当に炉端さんがつぼみパパを好きと知ってしまい、しかも既に付き合ってる事が発覚!
その事にショックを受けた“つぼみ”は怒って走り去ってしまいます。
“もう一人のつぼみ”に相談するも、向こうは冷めた様子で全部受け入れてる様子。
“つぼみ”は「パパは、ママが“運命の人”だったから結婚したんじゃないの!?」と訊ねますが、他のパラレルワールドで「ママが死んでない」世界ではそうだろうけど自分達の世界では炉端さんが“運命の人”かも知れないと答える“もう一人のつぼみ”です。
さらに“もう一人のつぼみ”から筒井と付き合う事になった事を知らされます。
“もう一人のつぼみ”にとってちはるへの気持ちは既に“思い出”となっていたようです。
自分の世界に帰って来た“つぼみ”は落とし物を持って来たちはるにクリスマスプレゼントを渡します。
“もう一人のつぼみ”は筒井を好きになっても自分はちはるを好きなままな事に、誰が“運命の人”かどうかよりもその人とどんな未来を作っていくかが大切だと気付く“つぼみ”です。
ないしょのつぼみ5巻19
炉端さんに謝り、家族として受け入れる事を認める事が出来た“つぼみ”でした。

世界が変わっていくのが怖かった“つぼみ”・・・。
でも“もう一人のつぼみ”や炉端さんのお陰で「変えたい」と思い始めた“つぼみ”は、筒井の気持ちをきっぱりと断り、自分の気持ちをちはるに伝えます。
ないしょのつぼみ5巻20
果たしてちはるの気持ちは?
ないしょのつぼみ5巻21
どうやら同じ気持ちだったようです♪
これで完全に向こうとは異なる道を歩む事になった“つぼみ”の世界。
すると“もう一人のつぼみ”がやって来て、これ以上会わない方が良いと言います。
どうやら“もう一人のつぼみ”はちはるの気持ちをきっぱりと断ったようです。
ないしょのつぼみ5巻22
お互いの為を思い、これを最後に二人は永遠に別れる事に決めます。
お父さんと炉端さんの再婚後もう一度会おうとする“つぼみ”ですが、もう梯子から飛び降りてもパラレルワールドには行けなくなっていました。
ないしょのつぼみ5巻23
パラレルワールドは、いくつかある未来の一つに過ぎません。
“つぼみ”は涙を拭いて、これからは自分の未来の為に歩いて行くのです。


今回も凄く面白かったです!
第5期はより一層「心の変化」に重点を置いたストーリーでしたね。
自分と見た目は同じ、でも心は違うという“もう一人のつぼみ”の存在が“つぼみ”の心の変化を大きく写していたと思います。
まさに合わせ鏡のようにね。
こういう設定はよく双子キャラに使われますが、パラレルワールドと組み合わせたのは上手いやり方だと思います。
変化を恐れる“つぼみ”と変化を受け入れる“もう一人のつぼみ”の対比も良かったですね。
個人的要望としては咲妃をもっとヲタキャラとして活用して欲しかったです(^^;

第1期はOVAとして去年発売されましたが、いずれはTVアニメとしてもやって欲しいな?。
まぁ、問題が多い事は承知してますが(^^;
基本真面目な漫画なのでストーリー重視でやれば行けるとは思いますよ。
むしろ開き直って堂々と女子の裸を載せるくらいでないと♪
第6期にも期待します。
ないしょのつぼみ (5)ないしょのつぼみ (5)
(2009/04/28)
やぶうち 優

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

ランキング参加中です。一日一クリックずつ押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

ブログ移転しました!
コメントは移転先へどうぞ。

     ↓
http://cartoonworld2.blog.fc2.com/
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ移転しました!
トラックバックは移転先へどうぞ。

     ↓
http://cartoonworld2.blog.fc2.com/
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。