FC2ブログ
※ブログ移転しました!→http://cartoonworld2.blog.fc2.com/
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング参加中です。一日一クリックずつ押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ
今週の初めに新しいオトコの娘専門誌が創刊されました。
「おと☆娘」と書いて「おとにゃん」と呼ぶ新雑誌ですが、なんといきなりライバル誌である「わぁい!」Vol.3と同じ発売日にぶつけて来ましたよ(^^;
おと☆娘第1号1
表紙はゲーム原画家のあおぎりぺんたが担当。
あおぎりぺんた氏は「わぁい!」でもイラスト描いてるのに良いのか?
ページ数は「わぁい!」に比べて数十ページ少なめです。
アニメやゲームの女装少年もとい“オトコの娘”特集やイラストギャラリー、コミック連載も各種揃えて来ました。
おと☆娘第1号2
創刊号という事で付録に「快感催眠“娘”化プログラム」CDが付いてます。
これを聴くと誰でもオトコの娘になれるそうです♪
聴きたいような、聴きたくないような・・・(^^;
わぁい!第3号1
一方で「わぁい!」は早くも3号目。
秋アニメも始まって新たなオトコの娘の紹介もされています。
優劣は付けるべきでは無いのでしょうが、同じコンセプトの雑誌というのは比較されて然りです。
以下、それぞれの違いをレビューしようと思います。


まずはカラーイラストギャラリー。
おと☆娘第1号3
「おと☆娘」の方は巻頭にカラーイラストを掲載。
なるみすずね、水上蘭丸、深山雨彦、udk、七松健司、椎咲雛樹が参加しています。
比較的健全なのが多いですが下着姿や乳首が見えてるイラストが幾つかありますよ
わぁい!第3号9
「わぁい!」の方は巻末にイラストが掲載されています。
みさくらなんこつ、蒔田真紀、ネムネム、命わずか、あおぎりぺんたとこちらの方が有名な作家が多いかな?
こちらも同じく下着姿や乳首が見えており、股間の膨らみはこちらの方がより強調されていますよ(*´д`*)=3ハァハァ
カラーイラストは「わぁい!」の方がエロいですね。
しかし描いてる漫画家が両誌ともえろしょたシリーズ作家ばかりだな(^^;

次は新作オトコの娘ゲームの紹介記事。
おと☆娘第1号4
「おと☆娘」では「ぶらぶら」の皆口瞳が大きく取り上げられています。
最近は普通の18禁美少女ゲームでも当たり前のようにオトコの娘が出て来ますが、本作は主人公が最初から彼を好きなようです。
瞳は攻略するには初回特典ディスクが必要なので購入する人はご注意を。
その他にもオトコの娘が登場する18禁ゲームを多く紹介しています。
おと☆娘第1号6
さらに「おと☆娘」の方は旧作ゲームのオトコの娘が特集されてます。
はぴねすの準はやっぱり外せないですよね♪
他にも数多くのオトコの娘が紹介されてますよ。
全員が全員攻略出来る訳じゃないんでしょうけど、取り敢えず女装少年なら紹介しておこうという感じです。
わぁい!第3号4
「わぁい!」では↑の「ぶらぶら」と今月発売される18禁ゲームが取り上げられています。
既に発売中の「ぴことちこ ショタアイドルのオシゴト」を大きく紹介してますね。
私も買いましたが時間無くて全然進めてません(^^;
基本はショタゲーですが、ぴことちこの女装エッチもあるのでオトコの娘好きにもオススメです♪
新作の紹介数は「おと☆娘」の方が多いですね。
というか「わぁい!」で既に紹介されたのもあるのでそれほど目新しさは無かったかな。
旧作ゲームは「わぁい!」では無かったので面白かったです。

次はアニメのオトコの娘の特集記事。
おと☆娘第1号5
「おと☆娘」の方はバカテスの秀吉をピックアップしてます。
まぁ、彼は必須ですよね(^^;
「わぁい!」でも真っ先に紹介されましたし。
他には黒執事のシエルやオオカミさんのリストなどが特集されております。
わぁい!第3号2
「わぁい!」の方はえむえむのシホリ姫こと辰吉がピックアップしてますね。
やはり秋アニメのオトコの娘と言えば彼でしょうw
他にはメイド様の葵、オオカミさんのリスト、海月姫の蔵子、そして冬アニメ「放浪息子」の修一が早くも特集されていました。
わぁい!第3号3
アニメ特集は「わぁい!」の方が力入れてますね。
完全オトコの娘アニメ「迷elleオトコノ娘」は4ページで紹介されてました。
乳首見えてるような見えてないような・・・?
全員オトコの娘なので乳首サービスくらい是非やって欲しいですね(*´∀`*)

次はメインのコミックです。
結局これの善し悪しで雑誌全体の面白さが決まると思います。
おと☆娘第1号7
おと☆娘第1号8
おと☆娘第1号9
おと☆娘第1号10

まず新雑誌「おと☆娘」の方の特徴として、結構エロいシーンが多いです
主人公のエロ妄想だけに留まらず乳首描写やパンツの膨らみ、果ては手コキシーンまでありますよ♪
やっぱりオトコの娘漫画はエロい方が良いですよね?(*´д`*)=3ハァハァ
複数の男子に無理やりキスされる女装少年とか凄くエロかったです。
こっちはコメディ系が多いかな?
わぁい!第3号5
わぁい!第3号6
わぁい!第3号7
一方で「わぁい!」の方はストーリー重視でエロ描写は少なめです。
連載が進むにつれてストーリーが深まるのでこちらの方が面白くはなりそうですが、マンネリ化の恐れがありインパクトに欠けるかも知れません。
コミックス化し易いのは「わぁい!」、読みきりで常にフレッシュな話を入れられるのが「おと☆娘」かな?
コミックに割いてるページ数は同じくらいなので今後「おと☆娘」がどういうコンセプトで行くかが鍵となるでしょう。

「おと☆娘」にはその他に声優インタビューやオトコの娘グッズの紹介などがあります。
あおぎりぺんたイラストでオトコの娘オナホールとか発売されるのかよwww
これは是非とも欲しい(*´д`*)=3ハァハァ
わぁい!第3号8
コミックのオトコの娘紹介は「おと☆娘」ではコミックス単位で簡潔に数多く紹介されています。
文章メインで新旧問わずメジャーなのからマイナーなのまで幅広くピックアップされてますね。
一方で「わぁい!」はハヤテやプラナスガール、カイチューや新作ラノベなど流行りのオトコの娘を特集してますよ。
こういうのは出来れば最新の情報の方が良いかな?。
おと☆娘第1号11
連載小説は「おと☆娘」の方はエロコメディ系で分かり易くて面白いです♪
「わぁい!」の方はハートフル系ですね。
こちらはそれぞれの良さがあってどちらも良いと思います。

比べた結果、新雑誌「おと☆娘」の方がコミックでエロコメディ多めなのが特徴でした(^^;
これは「わぁい!」の弱い部分なので後発者としては武器になると思います。
今後はそれを伸ばす事を忘れなければ上手く軌道に乗れるのではないでしょうか。
どちらもそれぞれの良さがあるので共に頑張って欲しいものですね。
次号は「おと☆娘」が来年1月、「わぁい!」が2月になるので直接対決は無いようです。
関連記事:
ついに完全オトコの娘アニメ始動!「わぁい!」Vol.2
ついに出た!オトコの娘専門マガジン「わぁい!」Vol.1
おと★娘 VOL.1おと★娘 VOL.1
(2010/10/25)
不明

商品詳細を見る

わぁい!Vol.3わぁい!Vol.3
(2010/10/25)
不明

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

ランキング参加中です。一日一クリックずつ押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

ブログ移転しました!
コメントは移転先へどうぞ。

     ↓
http://cartoonworld2.blog.fc2.com/
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ移転しました!
トラックバックは移転先へどうぞ。

     ↓
http://cartoonworld2.blog.fc2.com/
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。