FC2ブログ
※ブログ移転しました!→http://cartoonworld2.blog.fc2.com/
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング参加中です。一日一クリックずつ押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ
別にプライベートで誰と付き合おうが自由だと思うけど、ドラマ放映中くらいは自重して欲しいなぁ・・・。
あ、ただの独り言です(^^;
「Q.E.D.?証明終了?」のドラマ第4回の感想です。(全10回) by0時
今回は原作3巻の「ブレイク・スルー」

原作ではクリスマスでしたが、ドラマでは平日のようですね(^^;
Q.E.D.第2回1
Q.E.D.第2回2
もちろん栗ようかんパーティも無かったですw

ロキktkrwww!
日本語ペラペラでしたね?。
って日本人かよッ!
森豪士さんでした(^^;
何故ロキって呼ばれてるかは説明ありませんでしたね。
悪戯者だから神話のロキのあだ名で呼ばれているのですw

エバは滝川クリステルでは・・・ありませんね(^^;
モノマネ「滝川クリサヘル」のサヘル・ローズさんでしたwww
美人を起用したのは良いんですが、何故メガネが無い!?
Q.E.D.第2回3
エバはメガネッ娘なんだぞヽ( ̄□ ̄)ノ

アラン・ソフト社って、アランの会社か!
という事はアランも今後登場しそうですね?♪

MITの回想シーンは英語でしたが、これで「ブレイク・スルー」=「突破」と聞き取れた視聴者は凄いと思います(^^;
やはり本場の英語は発音が違いますね?。
Q.E.D.第2回6
というか「ブレイク・スルー」って言ってないんじゃ・・・(汗)
中村蒼は頑張ったw

ゴッホとゴーギャンの話はQ.E.D.で初めて知りました。
Q.E.D.第2回4
漫画では天才同士が良きライバルとして切磋琢磨する話は良くありますが、現実にはそう簡単には行かないのですね?。
弟・テオの話はドラマオリジナルです。

ドラマでのロキは原作より悪者に表現されてましたね?。
原作ではかなりのひょうきん者です。
同じく燈馬も原作より意地悪に表現されてました。
というより可奈が原作より女の子っぽいんですねw
Q.E.D.第2回5
原作だったら絶対殴ってるもん(^^;

終盤の展開はちょっと驚きでした。
エバ、怖ぇ?(^^;
ココで燈馬を改心(?)させるんですね?。
ようやくこれまでの話が繋がった気がします。

ちょっと残念だったのはネックレスのトリックが無かった事かな。
Q.E.D.第2回7
まぁ、クリスマスではないですしね。
Q.E.D.第2回8
あと「千年後の木」と「小さければ小さいほど高いもの」のクイズも無かったですね。
Q.E.D.第2回9
さすがにこれは無理だったかw

次回は・・・それかよ!
ある意味一番やり易い話だろうな?(^^;
それにしてもサブタイトルが長いwww
Q.E.D.-証明終了- (32)Q.E.D.-証明終了- (32)
(2009/01/16)
加藤 元浩

商品詳細を見る

C.M.B.森羅博物館の事件目録 (10)C.M.B.森羅博物館の事件目録 (10)
(2009/01/16)
加藤 元浩

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
ランキング参加中です。一日一クリックずつ押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ。長文失礼します
私も4回聞き直しましたが、英語のセリフには入っていなかったと思いました
あるいは本来の英語ではこの場合break throughって言わないってことなんでしょうかね。だとしたら、ドラマ化で衆智を集めたであろう結果、明らかになった衝撃の事実…(笑)サブタイトルとの関係は字幕の「突破」から察しろということと、燈馬とロキの関係がこれでさらに一皮向けたという意味を持たせたからよいということかもしれませんね
私は原作の「魔女~」事件篇以降、燈馬が日本で高校に入った気持ちにかなり肩入れしているので、可奈が人間的なところで彼をなじるシーンは見ていて胸が痛みましたが、ドラマ的にはこれが自然なのでしょう。グーじゃないのかよとは私も思いました(笑)ドラマでは身長の問題もあって絵面が悪くなるでしょうね
ロキとエバの描写もおっしゃる通り、原作よりちょっとトゲが立った感じで、これも胸が痛みましたが、クイズ、ネックレス=パズルや観光=Wデート(?)など雰囲気を作る重要シーンが削られているので、短い時間の中でキャラのインパクトをわかりやすく強めるためだろうと思いました。それでも原作を読んでいるとちょっと引っかかってしまうのは、原作の2人があまりにいい人たちだからかと(笑)
個人的には、エバはああいう我を失った感じよりも、感情的に思いつめた方がイメージに合っていたと思いますが、これも原作の「かわいい女の子、恋する乙女」というイメージがあるからなんでしょうね。もっと幼い感じの女優さんが個人的にイメージに合ってた…。でも謝るシーンがかわいかったのでOKです。ロキも可奈の勘違いに笑うシーンや和解後は安心して見られました。やっぱり彼のキャラには楽しそうな笑顔が似合いますね(という原作中毒の感想 笑)
まあ、ないものねだりはいたしますまい。スタッフ様、ありがとうございました
ネックレス=パズルは尺が足りなかったんでしょうか。NHKの小道具さんの腕の見せ所だったでしょうに(笑)
好きなエピソードとはいえ、長文失礼しました

次回はアレですか(大笑)日テレやテレ朝でやってたら遠慮なくやれなくなるネタなんでしょうかね(笑)確かにテレビ屋さんの腕の見せ所ですよね。大笑いしながら製作してそう…期待しています
それでは失礼します
2009/02/02(月) 09:40 | URL | westernblack #tEFtGiEI[ 編集]

コメント返信
>westernblackさん
字幕のセリフを翻訳サイトに掛けてみた所、「突破して来た」=「broken through」と出たのですが「through」の部分が聞き取れないのでやはり言ってないのかも知れませんね。
原作で「ブレイクスルー」とルビが振ってあるセリフは今回登場しなかったので、あのセリフの場合は使わないのかも知れません。
そもそも「breakthrough」は名詞なので、動詞・過去分詞には使われないのでしょう。

最近はようやく普通の高校生っぽくなってきましたが、元々燈馬は「人間の感情には疎い」性格でしたからね。
原作では可奈の陽気な性格が手助けになって割とすぐにクラスに馴染みましたが、本来ならドラマのように孤立するのが普通なのかもしれません。
グーで殴るのは見栄え的にも難しいですから、ココはビンタで良かったと思います。
NHKなので暴力的シーンはアレですしね(^^;

原作ではロキは燈馬を恨んでる訳でなく、最初から連れて帰ろうと思ってる訳ですからドラマのように罵倒する事は無いんですよね。
ドラマでは恨んでる部分を強調する事でエバの思惑を隠そうと思ったのかも知れないと思いました。
まぁ、エバは明らかにバレバレでしたが(^^;
あそこまであからさまにゴッホとゴーギャンを取り上げるとは思いませんでしたw

エバは・・・メガネを掛けてくれればオールOKだったのですがねw
それと原作ではちょっと地味な印象を受けるので、美人な外タレを使った事が逆に違和感を感じました。
地味ッ娘好きなのでw

次回は配役に船越英一郎さんや片平なぎささんを使ってくれると神なんですがw
無理な話ですよね(^^;
ドタバタコメディを期待したいです。
2009/02/02(月) 10:44 | URL | 0時 #NVZxh.1U[ 編集]

コメントを投稿する

ブログ移転しました!
コメントは移転先へどうぞ。

     ↓
http://cartoonworld2.blog.fc2.com/
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ移転しました!
トラックバックは移転先へどうぞ。

     ↓
http://cartoonworld2.blog.fc2.com/
この記事へのトラックバック
『ブレイク・スルー』
2009/01/29(木) 22:23:41 | ぐ~たらにっき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。