FC2ブログ
※ブログ移転しました!→http://cartoonworld2.blog.fc2.com/
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング参加中です。一日一クリックずつ押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ
青炎燃焼!
サッカー南アフリカワールドカップ最終予選、ROAD To 2010!ALL For 2010!
日本VSオーストラリア戦をリアルタイムでお送りします!
最終予選前半最大の山場!
ドイツWCの屈辱の相手・オーストラリアとの大一番です!
目指せ!首位奪還! by0時

試合終了!日本0?0オーストラリア!


スターティングメンバー。
GK:18 都築龍太
DF:2 中澤佑二(Cap)、4 田中マルクス闘莉王、15 長友佑都、6 内田篤人
MF:10 中村俊輔、7 遠藤保仁、8 松井大輔、17 長谷部誠
FW:11 玉田圭司、9 田中達也

サブメンバー。
GK:1 川島永嗣、
DF:3 寺田周平
MF:14 橋本英郎、5 今野泰幸
FW:12 巻誠一郎、13 岡崎慎司、16 大久保嘉人

アジア最終予選組み合わせ。
グループ1:オーストラリア、日本、バーレーン、ウズベキスタン、カタール。
グループ2:韓国、イラン、サウジアラビア、北朝鮮、UAE。
上位2チームがワールドカップ出場!3位同士がプレーオフし、さらにオセアニア代表(ニュージーランド)との大陸間プレーオフを制したチームが出場!

日程。
2009年2月11日:日本VSオーストラリア。
3月28日:日本VSバーレーン。
6月6日:ウズベキスタンVS日本。
6月10日:日本VSカタール。
6月17日:オーストラリアVS日本。

グループ1、成績。
オーストラリア:勝ち点9、得失点差+6、総得点6。
日本:勝ち点7、得失点差+4、総得点7。
カタール:勝ち点4、得失点差-4、総得点4。
バーレーン:勝ち点1、得失点差-2、総得点3。
ウズベキスタン:勝ち点1、得失点差-4、総得点1。

2006年。
日本サッカーの歴史に「カイザースラウテルンの屈辱」という1ページが刻まれました・・・。
ドイツワールドカップで日本がオーストラリアに1?0とリードしての試合終盤、10分足らずでの3失点。
ヒディング・マジックと呼ばれるオーストラリアの大逆転劇を味わわされました。
あの日の屈辱と失望は決して忘れません・・・。
その1年後、アジアカップ決勝トーナメント初戦でのリベンジ!
日本は先制されるも高原のゴールで追い付き、PK戦での守護神・川口の活躍によりオーストラリアから勝利をもぎ取りました。
あの日、ようやく日本はドイツでの悪夢から解放された気がします。
そして今日また両者は相まみえます。
南アフリカワールドカップへの切符を賭けて。
日本が勝てば首位奪還!
WC出場に大きく一歩前進します。
ココは何としても勝っておきたい所ですが、相手は3年前に煮え湯を飲まされた相手。
日本のコンディションを考えると、正直勝てる可能性は低いでしょう。
最低でも引き分けに持ち込みたい所ですが・・・。

日本はゴールマウスを守る両守護神・川口と楢崎が揃って負傷中・・・。
闘莉王は故障明けの第一戦となりますが、中澤やGKとの連携が気になる所です。
中澤はカタール戦には出れなかった分、今日は張り切ってるでしょうね?。
攻めのポイントはまず中盤の俊輔が機能するか否か。
彼を自由に動かすには遠藤と松井に掛かっていると思います。
遠藤のパスと松井の個人技に期待です。
内田のオーバーラップも攻撃の要ですが、それ以上に守備をしっかりして欲しいですね。
点を決めるのはやはり大久保に期待したい所。
他のFWも積極的にゴールを狙って行って欲しいですね。

一方のオーストラリアでの要注意人物はケーヒル!
ドイツで日本から2点を奪った人物です。(2006年の時はカーヒルで登録)
プレミアリーグで荒波に揉まれて、当時よりレベルアップしてる事が予想されます。
FWでは俊輔のチームメイトのマクドナルドに注意ですね。
守護神はプレミアリーグで戦うシュワルツァー。
オーストラリアゴールの前に高き壁として立ちはだかります。
高さもスタミナも抜群のオーストラリア。
ココは低いボールをパスで素早く繋いで、ディフェンスの裏を狙う作戦が良いかもしれませんね。
ミドルシュートも積極的に狙って行って欲しいです。
さぁ、時間です!
早速試合をレビューしたいと思います。


<1st>
0:00、日本ボールでキックオフ!
0:30、長友が持ち込むも、ラインを割ります。
4:00、達也のクロスに玉田!シュートするもゴールネット右を揺らします。惜しい!
5:30、松井が切り込むも、DFに阻まれます。
6:30、内田がディフェンスラインを抜けるも、オスサイドになります。
裏はどんどん狙ってけ!
7:50、闘莉王のパスに長友が遅れ、ファールしてオーストラリアのFKへ!
8:30、クロスにヘディング!枠を捉えずに日本ボールになります。
先程のクロスは闘莉王がクリアした模様(^^;
10:10、オーストラリアに切り込まれるも、日本がクリア!
10:50、達也が粘ってCKゲット!
11:20、遠藤のクロス!ニアサイドを狙うも阻まれます。
12:50、玉田がファールを受け、日本のFKへ!
13:40、俊輔のクロス!DFに跳ね返ったのを内田がシュート!クロスバーを大きく外れます。
14:50、オーストラリアのロングクロス!ケーヒルに渡る前に都築がキャッチします。
17:30、オーストラリアのCKへ!
17:50、クロスを跳ね返して、最後はオーストラリアのファールで日本ボールへ。
19:00、達也が裏を狙うも、ファールを取られます。
19:50、玉田が粘ってCKゲット!
20:30、遠藤のクロス!GKに弾き返されたのを再びクロス!DFに当たったのを松井が粘ってFKゲット!
21:30、俊輔のクロス!壁に当たってGKがキャッチします。
22:30、達也のクロス!跳ね返ったボールに遠藤が詰めてファールを貰い、FKゲット!
ココは決め時だろう!
24:20、俊輔のシュート!落ち切らずにバーの上を通過します。
ん?、正月の矢部っちとのFK対決の方が精度が高い(^^;
25:40、松井がファールを受け、オーストラリアにイエローカード。
26:30、玉田へのキラーパス!GKにキャッチされます。
27:30、玉田のシュート!枠を大きく外れます。
31:30、内田のクロス!DFに跳ね返されます。
32:30、オーストラリアのロングスロー!日本がクリアします。
35:20、内田のクロス!跳ね返ったボールに長友が詰めてファールを貰い、FKゲット!
37:30、遠藤のシュート!壁に当たって跳ね返ります。
40:00、オーストラリアのFK!クロスに遠藤のクリア。CKへ!
40:30、クロスのこぼれ球に詰められるも、シュートを撃たれる前にクリアします!
一瞬、悪夢が甦った(^^;
42:20、長谷部がマイナスのクロスを出すも、合わせる事が出来ません。
45:00、ロスタイムは1分!
45:10、ケーヒルのミドルシュート!都築がセーブします!
46:00、クロスに達也が詰めるも、合わせられずGKにキャッチされます。
46:10、前半終了!

日本のボール支配率が高いながらも、決定的なチャンスまで持ち込めませんね。
CK、FKが何本かありましたが、枠に行ったシュートはほとんどありません。
こぼれ球に詰めても、やはり決定機を作れてませんでしたね。
高いボールを送れないのがキツイですね?。
中澤や闘莉王が居るも、オーストラリアの方が上ですからクロスも上げ難いでしょう。
見てるとオーストラリアはファールが多いので、セットプレイは後半も巡って来ると思います。
そこをしっかり決めて欲しいです。
ケーヒル、前半おとなしかったのが逆に怖いですね(^^;
後半暴れそうなので注意して欲しいです。
松井、玉田、達也が機能してるので、後半も前線はこのままで良いと思います。
交代するなら中盤を厚く。

<2nd>
0:00、オーストラリアボールでキックオフ!
1:40、日本のクロス!DFに跳ね返されます。
2:50、オーストラリアのロングクロス!日本がクリアします。
8:20、オーストラリアのロングクロス!都築がキャッチします。
11:45、松井→大久保へ交代!
12:50、玉田が粘ってCKゲット!
13:30、俊輔のクロス!DFに跳ね返されます。
13:45、日本のCKへ!
14:30、俊輔のクロス!オーストラリアの壁にことごとく阻まれます(^^;
14:50、闘莉王が倒されてFKゲット!
15:30、俊輔(?)のクロス!やはり壁に阻まれます(^^;
それにしても高い・・・!
17:25、内田のクロス!DFに跳ね返されます。
19:00、達也の突破からCKゲット!
19:30、遠藤のショートコーナー!繋いで繋いで俊輔のクロス!オーストラリアGKがミスするも、ボールに詰められずにクリアされます。
22:40、大久保のシュート!GKにキャッチされます。
24:30、遠藤のミドルシュート!GKがファインセーブします(^^;
25:00、ショートコーナーからクロスに闘莉王!もう一度CKへ!
25:30、俊輔のクロス!GKにキャッチされます。
シュワルツァー、敵ながらやるな・・・。
26:50、内田のクロス!GKにキャッチされます。
28:30、オーストラリアのクロス!都築がキャッチします。
29:20、スローインからCKへ!
29:45、俊輔のクロス!GKに跳ね返されます。
31:30、内田のクロス!CKへ!
32:00、遠藤のクロス!跳ね返ったのをもう一度クロス!GKにキャッチされます。
33:20、クロスに玉田のヘディング!浮いてしまいます。
惜しい場面が続くwww!
37:00、達也→岡崎へ交代!
38:10、オーストラリアのFKへ!ココは要注意!
38:45、直接シュートはバーの遥か上です(^^;
41:00、クロスに長谷部のシュート!大久保に当たって枠を外れてしまいます(;´д`)
41:45、オーストラリアのFKへ!
42:30、クロスを跳ね返します。
44:20、オーストラリアのクロス!ヘディングは当たらず、ボールは流れます。
45:00、ロスタイムは3分!
46:20、FKに俊輔のクロス!壁に跳ね返されます。
48:00、試合終了!

日本0?0オーストラリア!
後半は決定的チャンスもあっただけに、勝てなかったのが残念です。
というより点を取れなかったのが残念ですね?。
引き分けでも1?1なら全然違ってたんですが。
総得点を出来るだけ伸ばしておきたいので、結果以前に得点が大事なんですよね。
イヤ、結果も大事だけど(^^;
しかもホームで勝てないのがちょっとな?。
サポーターの為にもホームでこそ勝って欲しいんですよね。
今回はオーストラリアの猛攻が少なく、危ない場面はそれ程無かったと思います。
しかし次は向こうがホームなので攻めて来るでしょうね。
それは逆に隙が生まれるという事なので、そこを突いてゴールを決めて欲しいですね。
取り敢えず、勝ち点1はゲットしました。
オーストラリアにつき放された訳ではありませんし、3位には4点差を付けてるのでまだ悲観する事はありません。
3月28日のバーレーン戦に勝って、オーストラリアとの差を広げないようにして欲しいですね。
運が良ければ向こうから落ちて来るだろうし( ̄ー ̄)b
それではまたノシ
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

ランキング参加中です。一日一クリックずつ押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

ブログ移転しました!
コメントは移転先へどうぞ。

     ↓
http://cartoonworld2.blog.fc2.com/
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ移転しました!
トラックバックは移転先へどうぞ。

     ↓
http://cartoonworld2.blog.fc2.com/
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。